資金計画は慎重に!

セカンドハウスの購入については多額の金額が掛かるため、慎重に検討しなくてはなりません。衝動買いのような無計画的な購入は自分自身の首を絞めかねないですし、将来的な収入の見込みとのバランスを考えなければ、生活を圧迫してしまい、最終的にせっかく買い求めたセカンドハウスを手放してしまうことにもなりかねないからです。よく、住宅購入するなら「頭金2割は準備しなくてはならない」といわれます。ですが、セカンドハウスという事を考えると、もう少し上乗せして準備しなくてはならないと思います。まず中古で物件を購入した場合には、必ずといっていいほどリフォームの必要性があり、リフォーム予算は思いのほか掛かってしまうのです。自分の思い通りの家に改造したいというリフォームだけではなく、ちょっとした補強・補修工事でも百万円単位で掛かりますし、白蟻駆除であったり、結構意外に大きな金額が動いてしまうんです。また、土地・建物取得に掛かる諸費用も結構なもの。家のメンテナンスなどにはお金が掛かるもの!と認識して備えておくことも大事だと思います。

猫が飼えるペット可の賃貸を探しています