低金利・長期返済可能なフラット35は庶民の味方!

住宅を購入する際には必ずといっていいほど活用されてきた公的融資の公庫融資。現在では住宅金融公庫自体が廃止され、公庫融資という金融商品そのものが存在しません。しかし、住宅金融公庫の後を引き継いだ住宅金融支援機構が、民間金融機関とタイアップをし、低金利で長期返済が可能となった「フラット35」という金融商品を誕生させ、現在の住宅ローンの主役となっています。

ルテインに興味をもったら見る情報紹介サイト

フラット35は返済期間が最長で35年、民間ローンと比較して低金利での融資が受けられるのが特徴です。実はセカンドハウスを購入するにあたっても申込み・融資が可能なんです。融資額や融資期間、対象となる住宅といった条件は通常の住宅を購入する時と全く同じです。ですが、セカンドハウス購入の場合にはいくつか条件が課せられます。その条件の一つ目は、セカンドハウスが週末や休日などに自分で利用する住宅となること。普段は利用しないからといって、第三者に賃貸する目的で購入する物件だとすれば対象外となり、融資を受ける事はできません。二つ目にフラット35の融資を受ける前に、機構在家住宅融資も申込みをしていたとすれば、同じくフラット35の融資が受けられなくなります。これはフラット35と機構財形住宅融資が併用できない決まりとなっているからです。そして税制面においては、住宅ローン控除が適用されず、利用出来ないという事があります。セカンドハウスを現金で購入される方は別ですが、資金が不足していて住宅ローンに頼らざるを得ないという人であれば、それらの点をよく理解し、どのように資金計画を立てるべきかしっかりと熟慮する必要がありますね。民間ローンとも含めてよく考えてみましょう!

このサイトならアントシアニンの成分情報などを知る事ができます。