3種類の住宅ローン

民間の金融機関では一般的に住宅ローンを取り扱っています。通常は不動産会社が独自にパイプを持つ金融機関と提携した「提携ローン」を利用するのですが、昨今の厳しい金融情勢の中、審査が厳しくなっており、利用出来ないケースもあるようです。その場合は他の金融機関の住宅ローンへ申込みをしてみると融資が可能となることもあります。審査基準が各金融機関によって異なるためで、あきらめずに上手く情報を収集して金融機関を回ってみるとよいでしょう。

住宅ローンには金利のタイプによって3種類に分類される。フラット35でもおなじみの「全期間固定金利タイプ」は、返済期間の最初から最後まで金利が固定されるので、返済額がずっと一定で返済計画が立てやすいというメリットがある。特に今は超低金利の時代であり、今現在の金利が返済終了までずっと続くことを考えると、もうそろそろセカンドハウスを!と思っている人にはこのタイプのローン商品がいいでしょう。また、「固定金利選択型」は一定期間だけ金利を固定し、固定期間が終了すれば、あらたに終了時の異なる金利での固定期間を設定するか、固定期間を設けずに変動金利にするかを選択できる。そして定期的に金利を見直す「変動金利型」というのもあり、ほとんどの金融機関で金利の見直しは年に2回、返済額の見直しは5年に1回されている。変動金利は今以上に金利が下がるというなら固定型よりもお得だが、逆に金利が上がるのなら返済額も上がってしまうので、市場の将来を読む力が必要とされる。どのタイプを選ぶにしても、住宅ローンの返済は余裕の無い返済はリスクを伴うので、「いくら借りることができるか」という事よりも、「いくらなら返せるか」という事を念頭において考えるといいでしょう。

コエンザイムQ10の天然成分の効果などの情報サイト