軽減措置は期待できず!

セカンドハウスを購入、所有した場合は通常の住宅同様、さまざまな税金が掛かります。まず契約時には印紙税。不動産登記をするのであれば登録免許税。購入した際の不動産取得税。そして、自分名義で所有しているなら毎年払わなくてはならないのが固定資産税です。これらの税金はマイホーム・セカンドハウスの区別なく、同じように課税されるものです。では、税金については違いはないのでしょうか。答えは「違いはある」です。簡単にいうと、税金が課税されてしまうのはどちらも一緒なのですが、それぞれの税金の「軽減措置」が受けられるかどうかの違いがあるのです。セカンドハウスにおいては住宅ローン控除や住宅取得資金等贈与の特例などが受けられないことになっており、基本的に国税には特例がないと思って頂いて結構です。購入時にはあまり考えない税金だと思いますが、所有する以上、避けては通れない問題ですから、資金計画同様にしっかりと勉強して「税金未納」とならないようにしましょう。

このサイトなら鉄分の成分情報などを知る事ができます。

乳酸菌の情報満載のサイトはこれ(URL