庭付きが魅力!

セカンドハウスを買い求める人の傾向として、都会で買うならマンションで、郊外で買い求めるなら一戸建てを希望し、50代の人はマンション派が多くて、60代以上となると一戸建て派が多いというアンケート結果がでているそうです。郊外であれば都会と同じ金額で、より広い住宅を探すことができますし、都会であれば駅近郊という便利な立地条件を満たすのがマンションだということでしょうか。マンションでは得られない一戸建ての魅力は何と言っても「お庭」。家庭菜園を作るもよし、好みのお花畑を作るもよし。緑が周りにあると癒しの空間があるようで、疲れた身体と心を癒し、日常のストレスから解放させてくれますね。上下や隣が隣接しているマンションだと、ちょっとした物音でも気を遣い、隣人に気兼ねすることがありますが、一戸建てなら壁が隣接している訳ではないので、少々の音なら問題ありません。くつろぐ為のセカンドハウスとしてなら一戸建てを検討したいですね。

セカンドハウスは、現在居住している自宅がある人が、もう1軒住宅を求めるもの。ですから、一戸建てを購入する場合、新築ではなく、既に完成している中古物件を検討する人は多いでしょう。中古物件なら購入前に見学することが可能なので、自分自身の目で住宅の良し悪しを確認することができます。また、価格を抑えて購入しておき、購入後にリフォームして自分好みに仕上げる楽しみも有り!ですよ。セカンドハウスは週末だけとか、仕事が休みの時だけ利用することが多いかもしれませんから、普段住んでいる住宅とは全く趣の違う家にしてしまえば、忙しい日々を忘れ、非日常を感じる空間となればそこはまさしく別世界!庭を含めて、自分好みに変えていけるのも楽しみの一つでしょう。

ルテインの情報満載のサイトはこれ(URL